合コン大好きの女性に聞く、もてない男達の自己紹介とは。

2017.10.13|出会い系

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

f:id:mozzarellatan:20171006163351p:plain

自分の人生のピークは高校生の頃だったと思います。元々ひょうきんな性格で、人を笑わせるのが大好きなタイプでした。そのため男友達も多く、いわゆるクラスの人気者的な存在だったと思います。よく友達が多い人は異性からモテると言われていますが、私の場合はお世辞にも容姿が良いとは言えないので、モテるとまではいきませんでした。ただ一人の女の子から「付き合って欲しい」と言われ、高校2年生の付き合った事があります。

[スポンサーリンク]


大学時代は積極的に合コンに参加

結局彼女からふられる形で、交際期間は3ヶ月という短いものでしたが、女子から告白されたというのは、私にとってはかなり大きな自信となりました。大学生になった時は実家を離れ、一人暮らしをした事もあり、一気に体重が増えてしまいました。元々容姿に自信が無かったのですが、太ってしまった事で、さらに女の子との縁が遠くなったような気がします。それでも積極的に合コンには参加し、積極的にアプローチし続けました。

特に何の収穫も得られなかったのですが、この時点で自分はまだ人気者と自負しており、特に彼女が出来ない事に対して焦りを感じませんでした。そんな私ですが、28歳を超えると、さすがに何とかしなければという思いが強くなりました。この歳になると、友達の中でもすでに結婚して家庭を持っている既婚者組と独身組に分かれます。仲間で会って話をすると、既婚者組からは独身組の気楽さや自由を羨ましがられます。

f:id:mozzarellatan:20170913024631p:plain

でも私はちっとも嬉しくありませんでした。その時点で彼女がいるならともかく、高校生の頃から全く彼女が出来ない私にとっては、一生独身かもしれないという恐怖感を抱いていたのです。もちろん新たな女性と出会うため、誘われる合コンには必ず参加し、自分も幹事となって人集めに奔走しました。でも、これだけ出会いの場を探し求めている割には、全く手ごたえが感じられず、いつも淡々と終わってしまうのです。

30歳の時の合コン

ちなみに大学生の頃は少し太っていましたが、社会人になってからはジム通いをし、元のスリムな体型に戻りました。顔は整形した訳ではないので相変わらずですが、髪型や洋服には気を使い、後ろ姿を見たら、モテそうな雰囲気を醸し出していたと思います。そして合コンの間は盛り上がり役に徹していました。私の話を聞いて、女の子が笑ってくれるのが嬉しく、時には自虐ネタに頼った事もあります。

だから毎回楽しい時間を過ごす事が出来るのですが、結局、女の子達は他のメンバーに興味を持っているようで、私とは友達として連絡先を交換するぐらいで、男としては見られていないような感じでした。そんな私の転機になったのが30歳を目前にして参加した合コンです。これまでは偶然にも相手側の女性陣が自分より年下か同じ歳のグループばかりだったのですが、今回は自分より5歳年上の女性グループと会う事になりました。

[スポンサーリンク]


自分としては年下の女性が好みだったので、正直なところあまり乗り気では無かったのですが、美人がたくさん来るという話を聞いて参加を決めました。その言葉通り、女性陣4人グループはみんな美女揃いでした。聞くところによると、全員合コン好きで、これまでたくさんの男性と出会ってきたとの事でした。いつもなら、自分がリードする側といった感じですが、年上の綺麗なお姉様達を見ると少しドキドキしてしまいます。

合コンでの自己紹介で失敗している

それでも自分は盛り上げなければいけないと思い、いつものように明るく自己紹介をしました。いつもなら、そこで女の子達が笑ってくれるのですが、その時は状況が全く違いました。口元がかすかに動いた程度で、冷たい微笑を浴びせられたのです。他のメンバーの自己紹介が終わった後、一人の女性が口を開きました。そして私の目を見ながら、「そんな感じでいつも女の子と会話をしているの?」と冷静に言われてしまったのです。

f:id:mozzarellatan:20170912023828p:plain

そこからは彼女のお説教が始まりました。彼女が言うには、モテない男達はまず自己紹介で失敗しているとの事でした。女性が嫌がる自己紹介の例として、まず下ネタを言う、自分の変なあだ名を女性に強要する、面白くない一発ギャグをする、すぐに彼女募集中である事をアピールしてくるといったものでした。これらの内容は、まさに私の自己紹介に当てはまっていました。

自分には昔から友達に呼ばれているお気に入りのあだ名があるのですが、いつも女の子達にあだ名で気軽に呼んでねと言ってます。また、「自分はMです」とか、「彼女募集中です」も常に言っている文言です。私は恥ずかしくて真っ赤になってしまいましたが、彼女はなぜそういった自己紹介が女性にとってNGなのかを、わかりやすく教えてくれました。

まとめ

それからは合コンというより、人生の先輩であるお姉さんに自分の悩みを打ち明けるというような会になってしまいました。でも年上の女性の話を聞いていると、いかに自分がこれまで間違った方法で女性陣にアピールしていたかという事を思い知らされました。当然ながら誰ともカップルになる事は出来ませんでしたが、私にとっては貴重な体験となり、その後は自己紹介の内容も変えています。

これまでの失敗を糧にして、もう少し謙虚にアピールしていきたいと思ってます。

www.momochakei.com

[スポンサーリンク]


ブログランキング・にほんブログ村へ

Source: モッツァレラチーズ

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。